申し訳ありませんが、お使いのブラウザはJavaScriptをサポートしていません。

太陽光発電システムモニタリングの概要

太陽光発電システムをお持ちの場合は、WiFiエネルギーメーターを設置することで電流計で監視できます。 IAMMETERは、太陽光発電システムと非太陽光発電システムのさまざまな概要Webページを表示します。

学びIAMMETERが太陽光発電システムまたは非太陽光発電システムの監視をどのように知っているか

太陽光発電監視システムの概要

1収量と消費

このグラフは、太陽光発電システムのKPIを示しています。

太陽光発電監視システムの収量と消費量

2パワー

インバーター電力、グリッド電力、太陽光発電監視システムの負荷電力

**インバーター電力😗*ソーラーインバーターの出力電力、メーター/CTで測定"インバーター"タイプ.

フィードインパワー:正の場合はグリッドに電力をエクスポートし、負の場合はグリッドから電力をインポートします。メーター/CTは次のように設定されます。"グリッド"タイプ

負荷電力:負荷電力=インバーター電力-フィードイン電力、IAMMETERによって自動的に計算されます。

3現状

太陽光発電監視システムのエネルギーフローチャート

このグラフは、太陽光発電システムのエネルギーフローを示しています。理解を深めるために、以下のコーディングを参照してください。

var r = 0; // 0:フローなし、1:A-> B、2:B-> A
        スイッチ(i)
        {{
            ケース1://インバーターフィードイン
                if(inverter> 0&& feedin> 0)r = 1;
                壊す;
            ケース2://インバーター負荷
                if(inverter> 0&& load> 0)r = 1;
                壊す;
            ケース3://インバーターバッテリー
                   //バッテリーは充電中であり、インバーターの電力は負荷電力よりも高くなっています。
                if(battery> 0&&(inverter --load)> 0)r = 1;
                壊す;
            ケース4://ロードフィードイン
                if(インバーター> =負荷)
                {{
                    //収量が十分であれば、グリッドからエネルギーをインポートする必要はありません
                    r = 0;
                    壊す;
                }
                そうしないと
                {{
                    if(feedin< 0&& load> 0)r = 2;
                }
                壊す;
            ケース5://ロードバッテリー
                if(battery< 0&& load> 0)r = 2;
                壊す;
            ケース6://feedin-battery
                   //バッテリーが充電中で、インバーターの電力が負荷電力よりも低い
                if(feedin< 0&&(inverter --load)< battery&& battery> 0)r = 1;
                壊す;
            デフォルト:
                壊す;
        }

4収量

  • 収量エネルギー:メーター/CTを次のように設定した場合"インバーター"タイプ、このメーター/CTで測定されるエネルギーは「収量エネルギー」です。 (kWh)。 IAMMETERシステムは収量エネルギーの計算事前設定された請求サイクルで。計算方法については、[収量エネルギー計算](#Ref2)を参照してください。
  • 輸出エネルギー:メーター/CTを次のように設定した場合"グリッド"タイプ、このメーター/CTによって測定されたグリッドにエクスポートされたエネルギーは「エクスポートされたエネルギー」です。 (kWh)。 IAMMETERシステムはエネルギーの輸出事前設定された請求サイクルで。計算方法については、以下を参照してください。輸出エネルギー計算
  • 直接自己使用:直接自己使用(kWh)=収量エネルギー-輸出エネルギー

IAMMETERは、選択した期間(日、月、年、または通年)の収量エネルギー、輸出エネルギー、および直接自己使用エネルギーを計算します。

太陽光発電システムの時間、日、月の収量エネルギーを監視する

5消費

  • グリッド消費:メーター/CTを次のように設定した場合"グリッド"タイプ、このメーター/CTによって測定されたグリッドからインポートされたエネルギーは「グリッド消費量」です。 (kWh)。 IAMMETERシステムはグリッド消費事前設定された請求サイクルで。計算方法については、以下を参照してください。グリッド消費量の計算
  • 直接自己使用:直接自己使用(kWh)=収量エネルギー-輸出エネルギー

IAMMETERは、選択した期間(日、月、年、または通年)のグリッド消費量と直接自己使用エネルギーを計算します。

太陽光発電システムの時間、日、月の消費エネルギーを監視する

6エネルギーバランス

  • 輸出エネルギー:メーター/CTを次のように設定した場合"グリッド"タイプ、このメーター/CTによって測定されたグリッドにエクスポートされたエネルギーは「エクスポートされたエネルギー」です。 (kWh)。 IAMMETERシステムはエネルギーの輸出事前設定された請求サイクルで。計算方法については、以下を参照してください。輸出エネルギー計算
  • グリッド消費:メーター/CTを次のように設定した場合"グリッド"タイプ、このメーター/CTによって測定されたグリッドからインポートされたエネルギーは「グリッド消費量」です。 (kWh)。 IAMMETERシステムはグリッド消費事前設定された請求サイクルで。計算方法については、以下を参照してください。グリッド消費量の計算

IAMMETERは、選択した期間(日、月、年、または通年)のグリッド消費量と輸出エネルギーを計算します。

太陽光発電システムの時間、日、月のインポート/エクスポートエネルギーを監視します

リファレンス

参照1:メーター/ CTのタイプとエネルギー、電力および電力料金(インポートおよびエクスポート)

収量エネルギー(kWh)&インバーター電力(W):メーター/CTタイプ→インバーター

輸出エネルギー(kWh)&グリッド消費量(kWh)&給電電力(W):メーター/CTタイプ→グリッド

メータータイプを選択します

参照2:IAMMETERが選択した期間(時間、日、月、年)の合計kWhを計算する方法

合計kWh=次の期間に記録された最初のkWhデータ-現在の期間に記録された最初のkWhデータ

これが簡単な例です。下のデモアカウントの写真をご覧ください。

左側のグラフでは、

総収量エネルギーが4.9午前9時から午前10時までのkWh。

右の表では、

現在の期間(午前9時から午前10時)に9:02:05に記録された最初のkWhデータが表示されます。39262.5kWh、

次の期間(午前10時から午前11時)に10:02:06に記録された最初のkWhデータが表示されます。39267.4kWh

39267.4 - 39262.5=4.9

したがって、総収量エネルギーは4.9午前9時から午前10時までのkWh。

同様の計算が、1日、1か月、または1年の総エネルギーに適用されます。

IAMMETERシステムで1時間ごとのエネルギーデータを計算する方法

参照3:IAMMETERが太陽光発電システムまたは非太陽光発電システムの監視をどのように知っているか

メーター/CTを「インバーター」として設定した場合タイプ、IAMMETERはあなたのシステムを太陽光発電システムとして識別します。