申し訳ありませんが、お使いのブラウザはJavaScriptをサポートしていません。

アラートと通知

自動送信機能とは

自動送信機能は、IAMMETER-cloudで最も便利な機能の1つです。それは「トリガーセンター」のようなものです。 IAMMETER-cloudの。

自動送信機能を使用すると、次のことができます

  • 各請求期間の終わりに、電子メールで月次請求レポートを送信します。
  • 毎月のエネルギー消費量が事前設定されたしきい値を超えたときにアラートメールを送信します。
  • 1日のエネルギー消費量が事前設定されたしきい値を超えたときに、アラートメールを送信します。
  • アップロードされた電力の値が事前設定されたしきい値に達したときにさまざまな操作をトリガーします(電子メールの自動送信、Webhookの呼び出し、MQTTコマンドの公開)
  • アップロードされた電力の値が事前設定されたしきい値に達したときにさまざまな操作をトリガーします(電子メールの自動送信、Webhookの呼び出し、MQTTコマンドの公開)

通知グループ

通知グループとは

sysemは、アラートまたはレポートを特定のメールボックスではなく、「通知グループ」に自動送信します。 「通知グループ」複数の電子メールアドレスで構成することができます。そのため、アラートまたはレポートは、一度に複数の電子メールアドレスで受信できます。

画像-20211214144724536

連絡先を追加

通知グループは少なくとも1人の連絡担当者で構成され、各連絡担当者は1つの電子メールアドレスを設定する必要があります。

画像-20211213153009015

画像-20211213153127987

通知グループを作成する

追加する連絡先を選択して、「通知グループ」に追加します。

画像-20211213153452538

月次請求レポートをプッシュする

この機能は、各請求サイクルの終わりに電子メールで月次請求レポートをプッシュします。

メールは選択したメールアドレスにプッシュされます"通知グループ"

画像-20211214153245632

ログ:ここでプッシュ履歴を確認できます。

画像-20211214153806870

画像-20211214160419763

エネルギー消費量が事前設定されたしきい値を超えたときにアラートメールをプッシュする

毎月の電力消費量:毎月の累積電力消費量が事前定義された値に達したときにアラートを出します。

毎日の電力消費量:毎日の累積電力消費量が事前定義された値に達したときにアラートを出します。

画像-20211215093522840

この機能は、「段階的料金プラン」を設定されているお客様向けです。

画像-20211215092948109

アップロードされたデータの値が事前設定されたしきい値に達したときに、さまざまな操作をトリガーします

IAMMETERは、アップロードされた値(電力または電流)が事前設定されたしきい値よりも大きいか小さい場合に、何らかの操作(電子メールのプッシュ、Webhookの呼び出し、MQTTコマンドの公開)をトリガーできます。

画像-20211215095442194

トリガー設定

メーター電力(W):トリガー条件は、ここで設定したアップロードされた電力値に基づいています。

メーター電流(A):トリガー条件は、ここで設定したアップロードされた現在の値に基づいています。

メーター:IAMMETER-cloudに複数の単相エネルギーメーターを追加した場合は、そのうちの1つを選択し、そのデータをトリガー条件として設定する必要があります。または、IAMMETER-cloudに3相エネルギーメーター(3つの単相エネルギーメーターに等しい)を追加した場合は、1つのフェーズを選択し、そのデータをトリガー条件として設定する必要があります。

画像-20211215100756259

しきい値:アップロードされた値がここで設定したしきい値よりも大きいか小さい場合、操作がトリガーされます。

画像-20211215102609562

トリガータイプ:

画像-20211215102930936

レベルトリガー:エネルギーメーターのアップロードされたデータが事前設定されたしきい値よりも大きいか小さい場合に、操作がトリガーされます。

エッジトリガー:エネルギーメーターのアップロードされたデータがしきい値よりも大きい値から事前設定されたしきい値よりも小さい値に、またはその逆に変化すると、操作がトリガーされます。たとえば、しきい値は「10より大きい」に設定されています。この設定は、前にアップロードされた値が10未満で、次のアップロードされた値が10より大きい場合にトリガーが実装されることを意味します。

最小間隔:クラウドサービスの負荷を分散するために、システムが頻繁に操作をトリガーしないようにするための最小間隔があります。

「レベルトリガー」の最小間隔モードは30分です。 「エッジトリガー」の最小間隔モードは1分です。

アクション->通知グループ:トリガー条件が達成されたときに電子メールでアラートをプッシュします

メールでアラートをプッシュします。

アクション-> Webhook:IFTTT

あらかじめ設定された条件でIFTTT操作をトリガーすることもできます。

IAMMETER-cloudでIFTTTをトリガーする方法については、を参照してください。https://imeter.club/topic/9

(強くお勧めします)アクション-> MQTT:サードパーティのデバイスを直接制御する

これは、IAMMETER-cloudの現在の最もクールな機能です。

たとえば、IAMMETER-cloudでの太陽光発電の読み取り値がプリセット値よりも大きい場合は、スマートソケットをオンにして、太陽光発電システムの自己消費率を向上させることができます。

ステップバイステップでガイドする素晴らしいチュートリアルがあります。

参照してくださいhttps://imeter.club/topic/144

ビデオチュートリアル:https://www.youtube.com/watch?v=aDzJzsjnjIw

画像-20211207152817365

リファレンス

IAMMETERエネルギーメーターをHomeAssistantに統合する

IAMMETERエネルギーメーターをサードパーティのプラットフォームに統合する

IAMMETERクラウドで太陽光発電システムを監視する

IAMMETER-cloudで電力使用量を監視する