申し訳ありませんが、お使いのブラウザは JavaScript をサポートしていません。
IAMMETERの最新アップデート(MQTT、More APIs、IFTTT、Tasmota)

概要

IAMMETER は、先月、以下を含む数回アップグレードされました。

1.MQTT

  • IAMMETER クラウドからのリアルタイム データをサブスクライブ
  • サードパーティからコントローラーにトピックを公開します。たとえば、Tasmota ファームウェアを搭載した SonOff 製品

2. HTTP API

  • 当社のエネルギー監視システム (IAMMETER) では、よりオープンな HTTP API を利用できます。

3. IAMMETERのより多くの機能

  • 自動送信→トリガーセンター、
  • サイト共有リンクの最適化
  • 電力使用量モニター
  • サブユーザー

1.MQTT

IAMMETERのMQTTサーバーがオンラインです。 MQTT サーバー経由で MQTT 機能を実現できるようになりました。

1.1 IAMMETERクラウドからリアルタイムデータをサブスクライブ

IAMMETER からリアルタイム データをサブスクライブできます。

https://imeter.club/topic/20 を参照してください。

Home Assistant openHab NodeRedなどのホーム オートメーション プラットフォームからリアルタイム データを簡単にサブスクライブできます。

Home Assistantからトピックをサブスクライブするためのチュートリアル

1.2 トピックをオープンソースのハードウェアまたはファームウェア (Tasmota) に公開する

Tasmotaは ESP8266 デバイス用のオープン ソース ファームウェアであり、SonOff デバイスのほぼすべてをサポートしています。

画像-20210521192122406

これで、このスマート プラグをトリガーしたり、IMMETER によって自動的にオン/オフを切り替えることができます。 SonOff 製品は tasmota ファームウェアを実行している必要があることに注意してください。

これは、当社のエネルギー監視システム(IAMMETER クラウド) の太陽光発電システム アプリケーションで特に役立ちます。

太陽光発電電力が設定値よりも高い場合、スマートプラグをオンにすることができます。

このトリガー設定は、太陽光発電システムの自己消費率を促進するのに役立ちます

詳しくはhttps://imeter.club/topic/43 をご覧ください。

2. HTTP API

IAMMETER クラウドは、エネルギー監視システムであるだけでなく、エネルギー API サービスも提供できます。近い将来、さらに多くのエネルギー API をオープンする予定です。

https://imeter.club/topic/18 を参照してください。

3. IAMMETERシステムの最新バージョンアップ

3.1 電力使用量監視アプリの概要

三相電力は、概要ページで相ごとに独立して表示されるようになりました。

画像-20210603141127468

3.2 自動送信 → トリガーセンター

IAMMETER の自動送信機能が最近アップグレードされました。この機能により、メール送信だけでなく、WebフックやMQTTコマンドもトリガーできるようになりました。 IFTTT の実装 ( https://imeter.club/topic/9 ) をトリガーして、Tasmotaを実行しているSonOff 製品を制御できます。 ( https://imeter.club/topic/43 )または、いくつかの自己定義の Web フックなどを呼び出します。これで、単純な「自動送信機能」というよりは、トリガー センターのようなものになりました。

IAMMETERのサイト共有機能がバージョンアップしました。

太陽光発電システム電力使用量モニターの両方は、概要ページで同じ効果があります。

https://open.iammeter.com/ を参照してください。

3.4 サブユーザー

サブアカウントを作成して、他のユーザーが IAMMETER でデータを表示できるようにすることができます。

https://www.iammeter.com/docs/subaccount を参照してください。