申し訳ありませんが、お使いのブラウザは JavaScript をサポートしていません。

太陽光発電システムのモニタリングの概要

太陽光発電システムをお持ちの場合は、WiFi エネルギー メーターをインストールすることで、Iammeter で監視できます。 IAMMETER は、太陽光発電システムと非太陽光発電システムの異なる概要 Web ページを表示します。

IAMMETER が太陽光発電システムまたは非太陽光発電システムを監視する方法を学ぶ

20210205-1

1 収量と消費

このグラフは、太陽光発電システムの KPI を示しています。

画像-20210206084219304

2パワー

画像-20210206121601738

**Inverter Power 装置コードチョリ* パワーコンディショナの出力電力で、 「インバータ」タイプに設定されたメーター/CT で測定されます。

Feedin Power:正の場合はグリッドへの電力エクスポート、負の場合はグリッドからの電力インポートであり、 「グリッド」タイプに設定されたメーター/CT で測定されます。

負荷電力:負荷電力 = IAMMETER によって自動的に計算されたインバータ電力供給電力。

3 現状

画像-20210207105816905

このグラフは、太陽光発電システムのエネルギーの流れを示しています。理解を深めるために、以下のコーディングを参照してください。

 var r = 0; // 0: no flow, 1:A->B, 2:B->A switch (i) { case 1:// inverter-feedin if (inverter > 0 && feedin > 0) r = 1; break; case 2:// inverter-load if (inverter > 0 && load > 0) r = 1; break; case 3:// inverter-battery // the battery is charging and the inverter power is higher than load power. if (battery > 0 && (inverter - load) > 0) r = 1; break; case 4:// load-feedin if (inverter >= load) { // if Yield is enouogh, there is no need of import energy from grid r = 0; break; } else { if (feedin < 0 && load > 0) r = 2; } break; case 5:// load-battery if (battery < 0 && load > 0) r = 2; break; case 6:// feedin-battery // the battery is charging and the inverter power is lower than load power if (feedin < 0 && (inverter - load) < battery && battery > 0) r = 1; break; default: break; }

4 収量

  • 降伏エネルギー: いずれかのメーター/CTを「インバータ」タイプに設定すると、このメーター/CTで測定されるエネルギーが「降伏エネルギー」(kWh)になります。 IAMMETER システムは、事前設定された請求サイクルで降伏エネルギー計算を計算します。計算方法については、[降伏エネルギー計算](#参照2)を参照してください。
  • Exported Energy : いずれかのメーター/CT を「グリッド」タイプとして設定した場合、このメーター/CT によって測定されたグリッドにエクスポートされるエネルギーは「Exported Energy」(kWh) です。 IAMMETER システムは、事前設定された請求サイクルで輸出エネルギーを計算します。算定方法は輸出エネルギー算定をご参照ください。
  • 直接自家消費 : 直接自家消費 (kWh) = 収量エネルギー - 輸出エネルギー

IAMMETER は、選択した期間 (日、月、年、または通年) の収量エネルギー、輸出エネルギー、および直接自家消費エネルギーを計算します。

画像-20210207110046809

5 消費

IAMMETER は、選択した期間 (日、月、年、または通年) のグリッド消費と直接自己使用エネルギーを計算します。

画像-20210207112147300

6 エネルギーバランス

IAMMETER は、選択した期間 (日、月、年、または年中) のグリッド消費と輸出エネルギーを計算します。

画像-20210207112731314

参照

参考 1: メーター/CT の種類とエネルギー、電力、電力料金 (輸出入)

発電電力量(kWh) & インバータ電力(W) : メータ/CTタイプ→インバータ

Export Energy(kWh) & Grid Consumption(kWh) & Feedin power(W): Meter/CT type → Grid

画像-20210206091821043

参照 2: IAMMETER が選択した期間 (時間、日、月、年) の合計 kWh を計算する方法

合計 kWh = 次の期間に記録された最初の kWh データ - 現在の期間に記録された最初の kWh データ

簡単な例を次に示します。以下のデモ口座の写真をご覧ください。

左のグラフでは、

午前 9 時から午前 10 時までの総発電電力量が 4.9 kWh であることを示しています。

右のテーブルには、

現在の時間帯 (午前 9 時から午前 10 時) の @ 9:02:05 に記録された最初の kWh データが 39262.5 kWh であることを示しています。

それは、データが次の時間(午前11時まで午前10時)に10時02分06秒@ログイン最初キロワットは39267.4 kWhであることを示し

39267.4 - 39262.5=4.9

したがって、午前 9 時から午前 10 時までの総発電電力量は4.9 kWh です。

同様の計算は、日、月、または年の総エネルギーに適用されます。

画像-20210207121421570

参照 3: IAMMETER が太陽光発電システムまたは非太陽光発電システムを監視する方法を知る方法

いずれかのメーター/CT を「インバーター」タイプとして設定すると、IMMETER はシステムを太陽光発電システムとして識別します。